あなたがカードローンの審査に落ちた理由を教えます!

お金がなくてカードローンで融資を申し込んだけど、審査に落ちてしまった・・・

こんな経験をすると、なんだか人格まで否定されたような気分がして悲しかったり、ムカついたりする一方、自分の不甲斐なさにも愕然としてしまいますよね。。

でも、落ち込んでいても目の前の現実は何も変わりません!

あなたが今すぐやるべきなのは、自分がカードローンの審査に落ちた理由を探ることです。

審査に落ちた理由が分かれば、次の対策を練ることができますが、分析しなければ落ちたままで終わります。。

戦いごとの原理原則は、「敵を知り己を知れば百戦危うからず(敵についても味方についても情勢をしっかり把握していれば、幾度戦っても敗れることはない。)」です。

というわけで、まずはカードローンの審査基準を知っておきましょう!

そして、別のカードローンでしっかり融資を掴みたいですね。

知っておきたいカードローンの審査基準

年収や他社借入だけでなくお住まい、勤続年数、雇用形態、業種や職種、ミスなく正しい申告をするかどうかなどトータルに判断されます。

本来なら、カードローンの審査基準は申し込み前に知っておきたいことです。

まず、カードローン会社が一番困ることを想像してみて下さい。

それは、貸したお金がちゃんと返ってこないことです。

当然ですよね。もしアナタが友達にお金を貸して返ってこなかったら困りますよね?それを同じです。

専門用語で貸したお金が返ってこないことを「貸し倒れ」と言いますが、カードローン会社は貸し倒れしそうな人には貸しません。つまり、審査には通らないということです。

では、貸し倒れしそうな人とはどんな人なのか?

とりあえず、パッと以下のような人が思い付きます。

  • 収入が少ない人(フリーター、フリーランスなど)
  • すでに数社から借り入れしていて借金が多い人
  • 働き始めたばかりの人(すぐに辞める可能性もあるため)
  • クレジットカードの支払い滞納がある人(カードローンの返済も滞納する可能性があるため)

年収他社借入から判断されるのは当然ですよね。

フリーターで年収が100〜200万円くらいしかない人には、お金を貸しても返ってこない可能性が高いですから。

ただ、年収200万円くらいしかしなくても、実家なら家賃、光熱費、水道代を親が払っていて負担がないので、借りられる可能性もあります。

だから、カードローンの申込時に「お住まいの種類」として「持ち家」「賃貸」「社宅、寮、官舎」「公営住宅」などいった選択肢があるんですね。

持ち家なら家賃がないので貸しやすいと判断できます。

仮に、住宅ローンを組んでいたとしても、住宅ローンを組めるということは、銀行の住宅ローンの審査を通った属性の良い人と判断され、審査にはそれほど影響しません。(そもそも、借金できるということは、それだけどの信用があるということです。)

他社借入件数借り入れ額を聞かれるのは当然です。

年収の割に借り入れ額が多い人は貸し倒れの可能性が高くなりますから。

ちなみに、他社借入件数や借り入れ額でウソの入力をしても100%バレます。

信用情報機関を見れば、すべて書いてあるからです。そして、カードローン会社は必ず審査時に信用情報機関をチェックします。

つまり、ここでは何をチェックされているのかというと、自分がすでに抱えている借金の額をちゃんと把握できている人か?ウソなく正しい情報をちゃんと申告する人か?ということです。

なので、ウソの申告をしたり、ウソをつくつもりはなかったけど間違った申告をしてしまった人は、それが審査に落ちる理由となり得ます。

ウソは問題外ですが、ミスの申告も審査に落ちる原因となるので正確に申告しましょう。

貸したお金をちゃんと返してくれる人なら審査に通ります!

勤続年数が短いことも審査に落ちる理由をなります。

というのも、アメリカでは転職をしながらキャリアアップしていくということが一般的ですが、日本では1つのところで我慢強く働く方が評価される傾向があるからです。

転職ばかりしている人がカードローンの審査に落ちやすいのはあまり知らていませんが、事実のようです。

転職して年収が上がれば問題ないですが、転職して年収が下がっている人も少なくありません。

勤続年数が長いということは、コツコツ頑張れる人とも言えます。

カードローン会社からしてみると、そういう人はコツコツ返済をちゃんとしてくれる人という見方ができるのです。

なので、アルバイトで年収は低くても、同じところで1年以上働いていれば審査に通る可能性は高いです。

年収が低ければ借りられる限度額は下がりますが、それでも勤続年数が長い人は審査には通る可能性が高いです。

最初の限度額が10万円でも、「借りる → 返済」を期日を守って繰り返していけば、限度額は徐々に上がってきます。

なので、「自分は年収が低いから審査に通らないのではないだろうか?」と不安に思っていても、同じ場所で1年以上働いているなら胸を張って申し込みして大丈夫だと思います。3年以上なら確実です。

業種や職種も見られていますが、そこは怪しい業種や職種でも、人によってはサラリーマンよりも稼いでいる人が多いのが現実です。

たとえば、キャバクラ嬢を3年やっていたら、それなりに指名客もいるでしょうし、収入も多いことでしょう。

キャバクラ嬢は業種は「風俗業」、職種は「ホステス」となり、一般的にはあまりイメージは良くありませんが、それでもちゃんと収入を得ていますし、継続して1つの職業を全うしているという意味では評価になります。

アルバイトを転々としている人よりも、継続してキャバクラ嬢をしている人の方が貸し倒れの可能性が低い人と言えます。

また、風俗業は不況に強い業種と言われています。リーマン・ショックのような大不況が来た時、会社やレストランなどは潰れましたが、ラブホテルはつぶれません。

このように、不況時に潰れない職業も意外と評価されます。

逆に、不況の煽りを受けやすい旅行業などは、審査する側も不況時には慎重にならざるを得ません。

雇用形態もチェックされる項目の1つです。審査に一番通りやすい雇用形態は正社員や公務員です。

なぜなら、収入が一番安定しているのが正社員や公務員だからです。

収入が安定しているということは、貸し倒れの可能性が低いということです。こういう人にはカードローン会社はたくさん貸したいと思います。

知名度の低い零細企業の社員でも、正社員として働いているということに価値があります。

特に、最近は非正規雇用が増えているので、正社員の価値がさらに高まっています。

一方、個人事業主は収入が不安定なイメージがあるので審査に落ちやすい雇用形態と言えます。

ストックビジネスのように固定費をもらっている仕事なら別ですが、そうではなく、仕事を発注してもらえないと収入がないような個人事業主は収入が不安定です。

社長も意外と属性は高くありません。なぜなら、廃業というリスクを常に背負っているからです。

世の中はハイリスク・ハイリターンで、起業というリスクをとった者だけがサラリーマンの平均年収以上の収入を得ることができますが、起業が上手くいかず廃業するリスクも同時に背負っています。

こういった人は貸し倒れのリスクも少なくないので、審査には通るかもしれませんが、限度額はあまり高くはならないようです。

「収入が多いこと」と「安定していること」だったら、カードローン会社からしてみると、後者の「安定」の方が価値が高いということです。

お金の貸し借りという場では、「安定」こそ最強なのです。

だからこそ、契約社員や派遣社員も安定度という意味ではあまり高くないので、審査に落ちることもあります。

いつ契約が打ち切られるか分かりませんし、契約終了後に次の契約がすぐに見つかるかも分かりません。

このような不確実性が高い相手には、カードローン会社も慎重にならざるを得ないのです。

以上が、カードローンの審査基準であり、カードローンの審査に落ちる理由です。

ここまでを理解したら、次にやるべきことは再チャレンジです!

1度審査に落ちても他社で審査に通ることはある!

審査に落ちてももう一度再チャレンジすれば大丈夫!

カードローンで審査に落ちても、他の会社では審査に通ることはあります。

だからといって、一度に複数のカードローンに申し込むことはNGです。

業界ではこれを「重複申し込み」といい、すごく嫌われる行為となっているからです。

なので、1社に申し込んで、審査に通らなかったら、次の会社に申し込むという段階的な再チャレンジが必要になってきます。

また、すでに4社以上の他社借入がある場合は、他社のカードローンでも審査に落ちる可能性が非常に高いです。

他社借入件数が多い人は複数ローンを1つにまとめる「おまとめローン」しか選択肢はないと思って下さい。

おまとめローン
会社名 融資額と実質年率 特徴
中央リテール
他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。

最高500万円まで

10.95%〜13.0%
審査は最短2時間、融資は最短1日。
相談窓口の担当者は全員が国家資格取得者。
無理のないゆとりのある返済計画のご提案。
東京スター銀行 おまとめローン
30万〜1,000万円

5.8%〜14.8%
来店不要で保証人不要。
毎月しっかり返済できる金額を設定。
早く返済できるようなプランも設定可。
最大借入期間は10年。
正社員・契約社員・派遣社員で年収200万円以上の方限定。

最近、増えいているのは消費者金融の審査には落ちたけど、銀行カードローンの審査には受かったというパターンです。

というのも、銀行は企業がお金を借りてくれないので、個人向け融資に力を入れているからです。

マイナス金利以降、住宅ローンの利ざやも下がってしまったので、個人向けカードローンの金利の高さは銀行にとっては重要な儲けとなっています。

ですから、消費者金融で審査に落ちた人は銀行カードローンに申し込んでみるといいでしょう!

銀行カードローン
会社名 実質年率/
最高融資額
特徴
スルガ銀行 »
3.9%〜14.9%

800万円
最短1分スピード回答、30分で契約完了。
平日昼までに契約完了なら夕方までに融資可能。
申込はWeb完結、来店・書類の郵送不要。
500万円までなら収入証明書が不要。
月3000円からゆとりの返済。
ジャパンネット銀行 »
2.5%〜18.0%

1000万円
300万円まで収入証明書が原則不要。
ジャパンネット銀行の口座をお持ちなら融資最短60分。
初めての人は30日間無利息。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
イオン銀行 »
3.8%〜13.8%

800万円
300万円までなら運転免許証や保険証といった本人確認書類のみで申込可能。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
専業主婦でも旦那に収入があれば申込可能。
イオン銀行のネットフリーローン
4.8%〜13.5%

700万円
来店不要。
300万円まで年収確認書類が原則不要。
使いみち自由。資金使途を問わず、まとまった金額の融資が可能。
前年度収入が200万円以上ある人向け。

逆に、銀行カードローンの審査に落ちた人は消費者金融に申し込んでみると審査に受かるかもしれません。

そもそも、消費者金融と銀行では審査方法が少し違うので、チェック時に重視するポイントも変わってきます。

なので、銀行カードローン審査に落ちても、消費者金融で審査に通ることもあり得ます!

消費者金融
会社名 実質年率/
最大融資額
特徴
プロミス »
4.5%〜17.8%

500万円
三井住友フィナンシャルグループ

最短1時間融資。
三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っている場合は「(24時間)最短10秒でお振込可能」。
Web完結なら即日融資も可能、家族にバレずに借りられる。
はじめてなら30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも審査のうえ契約可能。
プロミス レディース »

<女性専用>
アコム »
4.7%〜18.0%

500万円
三菱UFJファイナンシャル・グループ

初めての方なら30日間無利息
最短30分で審査回答。即日融資も可能。

主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でもでも安定した収入があれば申込可能。
モビット »
3.0%〜18.0%

800万円
三井住友銀行グループ

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方なら電話連絡・郵送物がないWeb完結申込がオススメ。

アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方でも安定した定期収入があれば利用可能。