800万円を金利2.5%と4.5%で借りた場合、利息で13,151円の差が出ます。

800万円という比較的まとまった金額を借りる場合、金利にも神経質になるべきです。

これが10万円などの少額なら、金利の大小はそれほど気になりませんが、800万円ともなると金利がボディブローのように効いてきます。

返済は毎月の分割払いになりますが、仮に30日後に一括返済という条件で金利比較をしてみたいと思います。

たとえば、金利2.5%で800万円を借りて、30日後に返済すると利息は16,438円になります。(8000000 x 0.025 ÷ 365 x 30 = 16438.356...)

これが金利4.5%になると、利息は29,589円になります。(8000000 x 0.045 ÷ 365 x 30 = 29589.041)

その差13,151円です。(29589 - 16438 = 13151)

「なんだ、たったの13,151円か。たいして違わないじゃん。」と思った人もいるかもしれませんが、これは30日後に一括返済した場合のケースです。

実際は、毎月分割払いになる人がほとんどだと思いますから、完済するまでの期間が長くなればなるほど、その差は広がります。

ですから、数百円という大きな金額を借りる場合は、できるだけ低金利で融資してくれる銀行を探すことが非常に重要になってきます。できれば、金利5%以下で借り入れしたいところです。

金利比較を手抜きすると、後々、返済に苦労することになります。

というわけで、個人向け融資で800万円まで貸してくれ、低金利な銀行を集めてみたので参考にしてみて下さい。

最低金利ランキング!800万円の金利が一番低いのはどの銀行?

銀行カードローンなら800万円の融資も可能!

結論から言うと、一番低い金利で800万円を借りられる銀行はジャパンネット銀行です。1000万円の融資なら2.5%という超低金利で借りられます。

ネットバンクは店舗コストがかからないので、そのぶん金利を低くできるというわけです。

ちなみに、銀行カードローンは「総量規制(融資額は年収の3分の1までという規制)」の対象外です。

なので、銀行カードローン以外で800万円という大金を借りられることはまずないと思って下さい。あなたの年収が2400万円以上なら別ですが。

いずれにせよ、銀行で借りるのが一番低金利なので、キャッシングや消費者金融などよりも銀行カードローンを利用するのが一番です。

以前だと、銀行カードローンは審査にそれなりの時間がかかりました。

しかし、最近はどの銀行も審査時間は大幅に短縮されています。

たとえば、スルガ銀行では「平日昼までに契約完了なら夕方までに融資可能」とうたっています。

この背景ですが、今は企業が銀行からお金を借りてくれないからです。その結果、銀行は個人への融資に力を入れているんですね。

30年ぐらい前だと、銀行のどの支店でも企業向け融資部門がありましたが、今は企業向け融資部門がない支店の方が多いくらいです。そのくらい、企業は銀行融資に頼らなくなっています。

今の銀行に行く度に思うのは、投資信託による手数料ビジネスに力を入れている支店が多いということですね。今後はさらに個人向け融資にも力を入れていく支店が増えていくと思われます。

個人に大口融資してくれる銀行カードローン
会社名 実質年率/
最高融資額
特徴
ジャパンネット銀行 »
2.5%〜18.0%

1000万円
300万円まで収入証明書が原則不要。
ジャパンネット銀行の口座をお持ちなら融資最短60分。
初めての人は30日間無利息。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
800万円借りた場合は金利3.5%。
イオン銀行 »
3.8%〜13.8%

800万円
300万円までなら運転免許証や保険証といった本人確認書類のみで申込可能。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
800万円借りた場合は金利3.8%。
東京スター銀行 おまとめローン
5.8%〜14.8%

1000万円
複数の借り入れを1社にまとめるおまとめローン
毎月しっかり返済できる金額を設定。
早く返済できるようなプランも設定可。
最大借入期間は10年。
正社員・契約社員・派遣社員で年収200万円以上の方限定。

今すぐ800万円必要な理由

リフォーム資金に800万円必要でした!

今すぐ800万円必要な理由は人それぞれだと思います。

人の顔が様々なように、まとまったお金が必要な理由も様々です。

子供の塾、習い事、入学金、留学といった教育資金にまとまったお金が必要な人もいることでしょう。

資格を取得したい、学校に通いたいといった自己投資のためという人。

あとは、新生活が始まる時はまとまったお金が必要になりますよね。引っ越ししたら家具や家電、カーテンなどのお金がかかりますからね。結婚も新生活なので、それにまつわるまとまったお金が必要です。

今住んでいる家のリフォームをしたいからという理由も多いですね。

車やバイクが趣味という人は、維持費だけでなく買い替えにも大きなお金が必要になります。

楽器をやっている人もけっこう出費が多くなりますよね。とくに、管楽器やピアノなどは非常に高額です。

あとやっぱり、多いのは突然のアクシデントですね。。事故、入院、保険適用外の医療費などなど。哀しいことに、不幸なことにはお金もかかるんですよね。。

このように、今は手元にお金がないけど、どうしても800万円くらいのまとまったお金が必要という時はあるものなので、できるだけ低金利で借りられるといですね!