正月やお盆の実家への帰省って、けっこうお金がかかりますよね?

実家に帰省したいけど、お金かかるから・・・

正月にしろ、お盆にしろ実感への帰省ってすごくお金がかかりますよね。。

まず、遠方だと往復の交通費がバカになりません。家族4人で電車や飛行機での移動となるとけっこうな額になります。

そして、手ぶらで帰るワケにはいきませんから、お土産も買う必要があります。

さらに、正月にはおじいちゃん、おばあちゃんが子供達にお年玉をくれるので、お金を包んで渡したりなど・・・。

年金暮らしのお年寄りは帰省時にもらえるお金を密かに期待していますからね。

中には、「帰省時にお金を包む気遣いのできな嫁はできてない。。」と言うお年寄りもいるくらいですから。

ボーナス後とはいえ、帰省は大きな出費の大イベントでもあります。

最近では、お金がないので帰省しない、できないという家族もいるそうですね。

帰省に大きな出費をするくらいなら、家族で海外旅行でも行きたいという人もいます。

でも、正月とお盆の帰省って年に2度しかない親孝行できるイベントですからね。最低でもどちらか1回は帰省したいですよね。

育ててくれた親に実際に会いに行くってすごく重要なことだと思います。

特に、今のようなネット社会でメールやスカイプでいつでも連絡をとれる時代だからこそ、リアルに会うことの重要性が高まります。

実際に会って、同じ部屋で食事をする、会話をするだけでも十分に素敵な時間です。

ですから、金銭的に厳しくても、ちょっとムリをしてでも帰省することにはすごく意味があることだと思います。

もし、どうしてもお金が足りないならローン会社で借りるという選択肢もあります。

たとえば、15万円を実質年率18.0%で借りて、30日後に返済したとしても、利息はたったの2,219円です。

150000(借りた額) × 0.18(実質年率) ÷ 365(日) × 30(借りた日数) = 2219.17.....(※小数点以下は切り捨て)

利息2,219円を払うのを渋ってまでしで、親の喜ぶ顔を見ないというのも寂しいですよね。

親が喜ぶ顔を見るためにも、困った時は計画的にお金を借りるという選択肢もあることを覚えておいてくださいね!